ピラティスで理想の体になる!健康になる!シェイプアップする!あなたがいつまでも若々しいカラダでいられますように。

ピラティス動画教室 > ハンドレッドで腹筋を鍛え、引き締める方法

ハンドレッドで腹筋を鍛え、引き締める方法 ハンドレッドで腹筋を鍛え、引き締める方法

ピラティス「ハンドレッド」腹筋に効く「ハンドレッド」のピラティスレッスンです。【単独コース】
腹筋を引き締めたい人、ぽっこりお腹をぺったんこにしたい人、ウエストを細くしたい人にオススメのエクササイズです。
内容は、トレーナーがモデルさんにレクチャーする形式になっています。

ハンドレッドは、背中でバランスをとった状態で「腕を100回小刻みに上下させる」エクササイズです。腹筋がキューと締まり、お腹に効いているのが実感できるエクササイズの一つです。


動画では、脚のフォームに変化をつけた2種類のハンドレッドを解説していますが、初心者の方は、最初に解説している「ひざを曲げた状態」(初級編)で行なうハンドレッドから始めてみましょう。
体力が付き物足りなくなったら、2つめに解説している「足を上げて、ひざを伸ばした状態」(中級編)で行なうハンドレッドに挑戦してみましょう。

もし、初級編で100回できない場合は、脚を下ろした状態で行い、まずは100回できるようになることから始めましょう。
ちなみに中級編は、モデルさんも体勢をとるだけで必死になっているのが分かります。中級編がこなせるようになってきたころには、お腹の変化に気付くことになるでしょう。

【ワンポイント!】
・ 肩は必ず床から浮かした状態で行なって下さい。お腹を覗き込むように!この状態のまま腕を100回小刻みに上下させます。

【頻度】
毎日、または一日置き(1度トレーニングしたら1日休み、再びトレーニング)
※疲れの残り具合や体力に合わせて下さい。

それでは、レッツエクササイズ!

ピラティスでは腹筋を軸にし、腹筋を締めた状態で行なうエクササイズが主になります。腹筋エクササイズに限らず、動作中は常に【腹筋】を意識し、締めた状態で行ないましょう。

■ピラティス一覧